Vshojo VTuber解説 その他 にじさんじ コラム ホロライブ

【2024年6月更新】2024年は辰年! 🐲ドラゴン🐲モチーフのVTuber3選

もりのなか

ドラゴンがモチーフのVTuberを知りたい!

この記事の信頼性

  • 参考サイトは下記に記載

今回は、2024年の辰年にちなんでドラゴン(龍)がモチーフのVTuberを紹介します。

ファンタジー世界に生きる伝説の存在といえばドラゴン。

そんなドラゴンを設定やキャラクターとして取り入れている、注目のVTuber3名をピックアップしました。

この記事を書いている人:もりのなか

エリーラ・ペンドラ(NIJISANJI EN)

Elira Pendora
画像引用:Elira Pendora 【NIJISANJI EN】 - YouTube

太陽に最も近い空からやってきた竜人

晴れの日の光が全てに平等に降り注ぐような優しさと包容力をもつ

A sky dragon who came from the heavens closest to the sun. She has the kindness and receptiveness that makes the light of a sunny day fall equally on all.

引用:エリーラ ペンドラ | にじさんじ

エリーラ・ペンドラさんは、太陽に最も近い空からやって来た竜人のVTuberです。

所属事務所はNIJISANJI EN。最初にデビューした3人組ユニット『LazuLight』の一員でもあります。

エリーらさんは一時期日本に住んでいた経験があるため、日本語が大変上手。親しみやすい性格で、よく日本のファンともコミュニケーションしています。

外見は包容力のある優しそうなお姉さんそのもの。しかし、ドラゴンらしく頭には羽のようなものが付いています。また、彼女の肩にはいつもドラゴンのPIKLが乗っています。

エリーラさんは主にゲーム実況を行っており、6時間を超えるような長時間配信になることも珍しくありません。

また、歌も大好きなようで定期的に歌枠も行っています。流暢な日本語でアニソンを歌うこともあり、その歌唱力には定評があります。

見た目から清楚(?)と思われることも多い彼女ですが、割と下ネタも多く、豪快に笑う姉御肌気質な一面も。このギャップも、彼女の魅力となっています。

X(旧Twitter)

YouTube

▲目次に戻る

ヒメ・ハジメ(Vshojo)

HimeHajime
画像引用:HimeHajime - YouTube

どこか遠くの惑星から来た、エイリアン・ドラゴン・ロボットの豊満なハイブリッド。 宇宙を探検し放浪していたが、地球の娯楽にどっぷりと浸かってしまった。 現在は日本の安アパートでお酒とゲーム漬けの生活をしている。 柔らかなオーラを放っているが少しお下品なところもあり、Hime Hajimeという名前は地球上ではノベルゲーと呼ばれているものから拝借したのかもしれない。

引用:VShojo - ヒメ・ハジメ

ヒメ・ハジメさんは、エイリアン・ドラゴン・ロボットのハイブリッドなVTuberです。

過去に350頭の子ども(ドラゴン)を産んでおり、「熟女」と自称。属性が欲張りすぎる!

所属事務所はVshojo。英語圏で配信活動をしていますが、実は日本語も話せます。公式サイトでは日本の安アパートで暮らしているとのこと。

アバターは金髪の女性に赤いドラゴンの翼、長いしっぽを持っています。種族はとてもハイブリッドですが、見た目はドラゴンの特徴が際立っていますね。

そして、何がとは言いませんがとにかくデカいです。

普段はTwitchでゲーム実況や雑談、カラオケなどの配信を行っています。音楽やアニメの知識も豊富で、かなり多趣味な模様。

性格はかなり自由奔放でアグレッシブ。とにかくにぎやかで、下ネタも暴言もかなり多め。ホラーゲーム配信では、特にその傾向が強くなります。

予測不可能なコメントや強烈なユーモアは大変刺激的。それもまた彼女の魅力となっています。

理由は不明ながら長らく活動を休止していましたが、新しいライブ2Dモデルをひっ下げて復帰しています。

X(旧Twitter)

Twitch

YouTube

▲目次に戻る

【卒業】桐生ココ(ホロライブ)

桐生ココ
画像引用:Coco Ch. 桐生ココ - YouTube

「おーはようございまーす皆さーん!起きて起きて起きて―!」

人間の文化に興味を持ち、異世界から日本に語学留学中の子どものドラゴン。
仁義と任侠を重んじる正義感あふれるドラゴンで、気合で人間の姿を保っている。

引用:【卒業生】桐生ココ | 所属タレント一覧 | hololive(ホロライブ)公式サイト

桐生ココさんは、異世界からやって来た子どものドラゴン。

かつてホロライブに所属していたVTuberです。ドラゴンのVTuberといえば、彼女を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

アバターは大きな角としっぽ、は虫類系の目など、ドラゴン要素がいっぱい。ドラゴンとしては子どもですが、身長は180㎝とホロライブではトップの長身。

ちなみに、ドラゴンバージョンの姿はピンク色のかわいらしい姿をされています。7メートルあるそうですが……。

アメリカ出身なため英語が堪能。日本語と任侠は『龍が如く』などのゲームから学んだため、時折治安の悪さが出ることも。けれど、配信ではそれが絶妙なおもしろさになっています。

周囲からは、明るい性格でコミュニケーションに長けていると評価されています。

彼女の配信で特に人気だったコンテンツが『あさココ』。毎朝早朝にホロメンの活躍をユーモラスに取り上げ、ホロライブの知名度を高めました。

2021年7月1日、惜しまれながらもホロライブを卒業しました。

X(旧Twitter)

YouTube

▲目次に戻る

魅力的なドラゴンVTuberたちに注目!

今回は、ドラゴンがモチーフのVTuber4名をまとめました。

調べていると、特に英語圏でドラゴンをモチーフにしたVTuberが多いという印象でした。

ドラゴンに抱くイメージといえば、『強い』『賢い』『長寿』『好戦的』『混沌』などが挙げられます。

ゲームやアニメでも、主要なキャラクターになることが多い魅力的なモンスターですよね。

今回紹介したVTuberたちは、自分のキャラクターとドラゴンの要素をうまく取り入れています。

もちろん本記事で紹介した以外にも、たくさんの魅力的なドラゴンVTuberたちが日々活躍しています。

興味のある方は、ぜひ調べてみてくださいね!

▲目次に戻る


参考:
1. エリーラ ペンドラ | にじさんじ
2. VShojo - ヒメ・ハジメ
3. 米VTuber事務所「VShojo」より、タレント「Hime Hajime (ヒメ・ハジメ)」デビュー放送実施のお知らせ | VSHOJO INC.のプレスリリース
4. 【卒業生】桐生ココ | 所属タレント一覧 | hololive(ホロライブ)公式サイト
5. Category:English | Virtual YouTuber Wiki | Fandom

-Vshojo, VTuber解説, その他, にじさんじ, コラム, ホロライブ
-, , , , , ,